グリーンカーテンの一

グリーンカーテンの一部になってくれるかなぁ、なんて、今年も庭でスイカを育てることにした5月の末。去年買ったスイカの種をまきました。去年の種だから芽を出さなくてもしょうがないな、と思って小さいプランターに1列にたくさんまきました。そしたら、1週間もしないうちにいくつか芽を出したのです。それから次々に芽を出しました。そして、2週間後には本葉まで出ているものもありその数、12本。小さなプランターだったので2本も生えれば楽しめるなと思っていたので大変なことになってしまいました。当然ですが、家に畑はありませんから1本ずつ植木鉢に植えかえることにしました。年中さんの娘も手伝ってくれて楽しい作業です。肥料と水やりは、私の日課になりました。娘は毎日の観察を欠かしません。あっちの葉っぱはここまで伸びた、このコはまだまだ、がんばれと励ましてみたりします。種まきの時には全然興味などなかったのに芽が出てつるがだんだんと伸びていくのを毎日見ていると愛着がわくのかもしれません。家の庭がだんだんと伸びたスイカのつるのおかげでジャングルみたいになってきました。初めはグリーンカーテンにと考えていたのも、スイカが実をつけたら重すぎてカーテンにならない!とようやく私は気づいたのでした。遅すぎました。7月末には花が咲きました!いよいよ受粉しました!以前、午前10時までに受粉しないとダメ、なんて聞いたことがありました。どうやらホントみたいです!?午後受粉した花はそのまま枯れてしまいましたから。ともあれ、1ケ月くらいで実は成長して、収穫できるということでしたが。あと半月くらいで収穫できるの?っていうくらい小さいままです。毎日観察している娘は、いつ収穫しよう、いつ食べようと小さめのスイカとにらめっこしています。じつは、私はこんなふうに子供たちと時間をすごしたかったんだな、と思いました。収穫して食べられるのかわかりませんが、とてもたくさんの楽しみを発見した今年の夏です。リプロスキンの口コミ.com

今日からお盆明けの仕

今日からお盆明けの仕事が始まり、孫2人も保育園と幼稚園へ行きました。昨日からの台風7号の進路も気になっていました。ここ群馬県太田市は風は少し強めに吹いていましたが、雨の量も思ったよりは多くはなく朝の5時30分頃起きて外の様子をみましたが風速5メートル程度の風が吹いているだけで雨はすっかり上がっていました。昨夜からのニュースでは千葉県や茨城県の一部では避難警報もでていて停電やらで大変そうでした。いつも感じることは、こういう台風とか地震とか火山の噴火などの各地の災害関係のニュースなどをみると、群馬県(特に東部)は災害が少ない土地だと思います。昔は何の特徴もない土地柄や風土に生活の場として物足りなささえ感じていました。阪神淡路・中越・東日本・今年の熊本などの大地震による被害・その他大雨洪水による河川の氾濫、火山の噴火などさまざまな自然災害が発生し甚大な被害を被っているにも関わらず、ここ群馬県は
災害の少ない土地柄だと最近はつくづく思います。台風が発生しても進路には当たらず、少しかすめるかと思えば上陸しても勢力が弱まって普通の悪天候ぐらいになってしまいます。今朝も台風7号の影響を心配していましたが、孫たちは普通に幼稚園と保育園に行き、2人の父親も今日からお盆明けの仕事が始まり車で出かけました。自分は昔、4歳ころから岐阜県に住んでいました。当時5歳でしたが、1959年9月26日から27日にかけて紀伊半島に上陸して富山湾の方に抜けていった、伊勢湾台風の直撃を経験しています。死者約5,000人、行方不明者約39,000人という甚大な被害を残して行きました。27日の朝方には当時住んでいた岐阜県の美濃地方を通過していました。朝起きて風の強さは残っていましたが幼心に純粋に感じた台風一過の清々しい空気は今も覚えています。5歳の子供には台風が残していってた爪痕の大きさは知る由もありませんでした。裏山の栗の木から落ちた栗の実や柿の実を拾って喜んでいたことも思い出します。改めて、群馬県の東部地区は特に自然災害の少ないところだと思いました。大人ニキビによく効く洗顔料/a>

娘は絵本が大好きです

娘は絵本が大好きです。
4ヶ月検診に行った時にもらった絵本をとても気に入り、読んであげると大きな声を出してニコニコします。
私も1日に何度も読むので内容を覚えてしまい、ぐずると絵本を開かなくても絵本の内容を話し出すとニコニコします。
娘の絵本はその一冊しか持っていなかったので先日主人とデパートに行き、娘の絵本を買い足すことにしました。
娘はまだ生後6ヶ月なので赤ちゃん用の絵本を探していたのですが、種類が多すぎてどれがいいのかとても迷いました。
悩んだ挙句、今持っている絵本の作者の別の絵本と動物の絵がとても可愛い絵本を購入しました。
娘に見せて気に入ったものを購入したかったのですが、本屋さんに着いた時ぐっすりと寝てしまっていたので結局私の独断と偏見で選んでしまいました(笑)
帰ってから早速買った絵本を開けると娘は身を乗り出して興味津々。
読んであげると興奮気味に声を出して喜んでいました。
それから毎日5回?8回は3冊の絵本をローテーションで読み聞かせています…。
子どもは同じことを何度やっても喜ぶと言いますが、本当にその通りですね。
声を出すのは意外に疲れるので一度読み終えて休憩していると悲しい顔をしてこちらを見つめてきます。
結局そんな顔をされるとついつい続け様に絵本を読んでしまうので夕方には声はガラガラ(笑)
こんなに喜んでもらえるのは私としても嬉しいことなのですが、結構体力が必要です。
明日も娘に読み聞かせをせがまれるのでゆっくり寝て体力を回復させておこうと思います。http://t-g.jp/

日本では、昔から朝ご

日本では、昔から朝ごはんはしっかり食べなきゃいけないと、よく言われてきました。うちで出しているのもご多聞にもれず、ごはん、味噌汁、目玉焼き、サラダ、果物などなど、日本人が想像しうる一般的な朝食です。でもこの時期、夏の暑さにやられてか、子供たちは全然ごはんを食べてくれません。ひどいときは果物と牛乳だけ飲んでそのまんま…お皿の上にはごっそりごはんや卵やサラダが残されています。そんなんで外を出歩いたら、低血糖でも起こしてぶっ倒れるんじゃないかと、こちらは気が気ではありません。それは私の頭の中で、「朝ごはん=大事」の図式が確固たるものとして出来上がってしまっているからです。しかし、果たしてそうなのでしょうか?先日、図書館でたまたま「世界の食卓」について書かれた子供向けの本を見つけました。イギリスについて書かれたものと、イタリアについて書かれたものです。まずはイギリスの朝食。イギリスはあまり固有の食文化が無いと聞いていたので期待はしていなかったのですが、案の定、朝食はオートミールのみ。イタリアはどうでしょうか。パスタを手作りするような国ですから、朝食だってきっと手のこんだものに違いありません…が、結果はチョコパイとコーヒー(子供の場合、コーヒーではなく麦芽コーヒー)。カルチャーショックでした。しかし、確かにアメリカにホームステイしてた友人が、朝食は生クリームドーナツだったというのを聞いた事がありました。このように、それらのあまり健康的とは思えない朝食を食べながらも、どの国の人たちも、毎日を平穏無事に送っています。という事は、たかが1日や2日牛乳と果物だけの朝食しかとらない日があったって構いやしないではないか。キーキー言うのは止めよう。そんな気になりました。かといって朝からチョコパイや生クリームたっぷりのドーナツのみという朝食を出す気にはなれませんが…育毛剤女性用口コミランキング

こんなこと書くと年齢

こんなこと書くと年齢がバレてしまいますが、私が子供の頃はペットボトルの水やお茶なんてなかった気がします。売ってるのは、缶に入った甘?いジュースやラムネなどの炭酸水でした。子供だった私は大喜びでそれらを買ってもらい、ごくごく飲み干したものです。
しかし、今となっては、店頭に並ぶペットボトルのお水は果てしなく種類があり、〇〇の水道水と書かれた物まで売られています。私も当たり前にそれらを買い求め、むしろジュースを手にする事の方が少なくなりました。時代は変わったなあと思っていたところ、先日お友達からお水に関するますます驚きの情報が…
なんと「お水のゼリー」なるものが売られているというのです。最近、さらさらの液体を呑むのが苦手な老人の介護や子供さん向けにゼリーの経口補水液が売り出されているのは知っていました。でもそれでは無いようです。ネットで検索してみると、まずクックパッドで水ゼリーの作り方が出てきました。ただの水にゼラチンやアガー、寒天を溶かして固めるだけと言うものです。出来上がった水ゼリーには、黒蜜やきなこ、レモンをかけて食べたりするようです。それでも充分衝撃だったのですが、「水ゼリー 販売」で検索したところ、あるはあるは…沢山の「水ゼリー」をうたった和菓子らしき商品が出てきました。それぞれこだわりの水を使用して、水本来の旨味を味わうというものです。残念ながら販売は終了されてしまったようですが、無印良品でも水ゼリーを味わうキットまで売られていたようです。
以上で検索した記事はもう2、3年前に書かれた記事だったので、私の知らない間にそんな水ブームが訪れていたという事になりますが、遅ばせながら、今年の夏はこの水ゼリーにはまってしまいそうです。とりあえずは、マクロビで推奨されている寒天を使用して、体のデトックスを兼ねて、お水ゼリー始めてみます!薬用シャンプー

このあいだロンドンブ

このあいだロンドンブーツ1号2号のあ○しさんに会うことができました。偶然に飲食店でお会いしたのですが、驚きました。とても気さくで、礼儀正しくて、さわやかなのです。サングラスや帽子も被らないで普通の出で立ちでした。本当に好青年という感じで、ひとに好印象を与える人でした。テレビで見ているだけでは分からないものです。申し訳ないのですが今までのイメージは生意気、冷たい、いい気になっている、調子に乗っている、こんなイメージを持っていたのですが、第一印象で一気に変わってしまいました。本当に礼儀がしっかりできていて、人柄のいい方でした。俺は芸能人だからという態度は微塵もありません。天狗になって調子に乗っているということも一切ありません。素晴らしいなあと感じました。テレビではあえて生意気なキャラクターにしているのでしょうか、実際にお会いすると全然違います。やはりどの世界でも成功する人というのは、礼儀正しくて、謙虚で、高飛車になったりしないのだなあと思いました。やはりこの人は一緒に仕事をしようと人に思わせる魅力があるのだとおもいます。売れる人というのは違います。見直しましたし、頭が下がりました。そしてとても頭がいいのだなあと感じました。頭の回転が速くて、機転が利く、話していて頭の良さがとても伝わってきました。一つの仕事をしっかりと任せることができる安心感を人に与えることができるのでしょう。お会いできて本当に勉強になりました。今後もさらに活躍していくことでしょう。ポリピュア

ニュースで現代の日本

ニュースで現代の日本人の20〜30代は消費意欲が低いという事を耳にしました。
現在の低い所得や将来の不安に備えて少しでも貯蓄にまわすために,衣服などもリサイクルやフリーマーケットで購入する人が増えているようです。気持ちは凄く理解できます。
将来も年金制度が維持出来ているのかという不安はあるし,民間企業もグローバル化で海外勤務など転勤も多くなり,生活面を考えると生涯同じ会社に勤め続ける事を読めない社会になっています。
右肩上がりの世の中と違い,堅実になっていくのは必然だと思います。
昔と違い現在は職探しも難しい時代です。
正社員の枠も限られており,非正規雇用の割合が増えています。
特に地方では選択肢も限られていて,サービス業や介護など土日が休みではない職種が多く,土日には学校が休みだった世代の若い人達とのミスマッチが多いようです。
いつからこのような産業構造になったのかを考えてみると,やはり製造業の海外移転が大きかったと思います。
それまでは土地も安く,人件費も都会よりは抑えられる地方に工場を設立し,また地方も工業団地を造成し大手企業を誘致する事で,雇用を創出していました。
それがアジア諸国などより人件費の安い国へシフトする流れになったことで,地方の工場閉鎖など雇用の場が減少してしまいました。
旅行で地方に行く事がありますが地元の人と話をすると,まだ大手の工場が残っている所はその恩恵で若者がまだ地元にいてくれるという声も聞きます。その逆の話も耳にします。
現在は海外人件費も高くなり,国内回帰している製造業も増えていると聞きます。
国内の新幹線などインフラ整備も着実に進められているので,地方への再進出を国も今以上に後押しして頂き,大手企業も社会貢献を念頭に是非地方に拠点を置いてもらえればと願います。http://xn--u9ja1g1a8lslw61pdyjrh3b93ofg0a.xyz